能動ドットコム > 週刊 「村」2010
001 御殿場高原時之栖
時の栖 時の栖 愛鷹山 越前岳 位牌岳 時の栖
時の栖 久しぶり(1年ぶり)の御殿場高原時之栖(ときのすみか)。
左:富士山夕景と御殿場高原時之栖。 中左:御殿場高原時之栖。 中右:愛鷹山。右から越前岳〜位牌岳〜愛鷹山。 右:御殿場高原時之栖。 左:久しぶりにLensbabies登場。いいところにアベック(注)が現れました。
注) 早速この日の参加者から「アベック」は「死語」!Wikiを見てごらんなさいませ。とチャチャが入りました。ふんっ、どうせあたしゃ「よっこいしょいち※」だよ。へんっ!
ヤバッ、ここにも「アベック」って書いてる・・・

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』アベック 「〜と一緒に」という意味の、フランス語の前置詞(英語のwithに相当)。一組の男女を意味する言葉。かつて日本で頻繁に用いられた和製フランス語。「カップル」を参照のこと。
Wikiにまで「カップル」を使え!と言われる筋合いは無い!一生「アベック」を使って復活させてみせる!!!!!!!っ
※横井庄一さん:戦後28年間、終戦を知らずにグアム島で一人「戦って」いた。1972年村人に発見され帰国。「恥ずかしながら帰って参りました」が流行語になる。グアムでは地下壕を掘ったりしながら生活していた。Wikiより。横井さんが帰国した当時、私はバリバリの中学生。横井さんは地下壕をどうやって掘ったんですか?
時の栖 時の栖 こちらは撮影会資料
撮影会では「これ、撮ってね」から始まります。まずは、基本を抑えてから撮影に。それぞれの場所でみんなが準備している間に「見本」を撮ってから撮影会が始まります。
これからは、見本を渡してまでしてるのに撮れない!っていうのはやめようね。寒いと再生のためにバッテリー5本でも足りない・・・
週刊 「村」へ戻る     to HOME