能動ドットコム > 週刊 「村」2002
昼の法善寺横丁
包丁い〜一本ん〜さらしに巻あ〜い〜て〜・・・ってなもんや三度笠。
月の法善寺横丁 歌碑 11歳の時、大阪万博があった。千里が丘に行こうと思い、500円ガイドブックで探したが、「千里が丘が無い!」。パラパラとページをめくると法善寺横丁という文字。たまにはこんなところも良いか。「夫婦善哉」や「月の法善寺横丁(左の写真が歌碑)」で有名なところ。きっと・・・、と期待して「昼の法善寺横丁」散策。
横丁入口 水掛け不動 水掛け不動 水掛け不動 苔むして若干怖いものがある・・・
法善寺横丁 水掛け不動 水掛け不動 法善寺横丁 いろいろな看板
いろいろな看板 いろいろな看板 いろいろな看板
商店街側の入口 商店街側の入口 期待以上、とまではいかなかったが、石畳の路地はなかなか趣のあるところ。
横丁を抜け切ると大きな商店街。法善寺横丁は思いのほか狭く、短かった。看板や木のさんなどが昔の面影を残している。夕方ならもっと情緒のある画も撮れそう。

道頓堀川方面へ歩くと「こいさん通り」。こちらは、普通の商店街。
タイガースが優勝したり、ワールドカップで日本が勝つと大阪の人たちが飛び込む川。ちょっとお世辞にもキレイとは言いがたいような・・・。病気にならないようにお気をつけあそばせ。

週刊 「村」へ戻る

to HOME