能動ドットコム > 週刊 「村」2008
07 蓼科界隈 その1

八王子IC 日の出 蓼科界隈一泊撮影会
会員の方の別荘をお借りして1年ぶりの蓼科界隈撮影会。私としてはさしたる目的も無く、「イイ景色を眺めたい」程度ではありますが、1年前の星空撮影会リベンジ!に燃える会員もいらっしゃって、逆に私が緊張してしまう・・・。左は待ち合わせ場所の八王子IC、朝食のおにぎりをぱくついていたら、ちょうど日の出になりました。あまりの天気の良さに「やっぱり私は晴れ男」を再認識した次第です。
南八ヶ岳主峰赤岳周辺 北八主峰天狗岳と南八硫黄岳 遠方に乗鞍岳と木曾駒ケ岳 遠方に乗鞍岳と木曾駒ケ岳。車山稜線
昼間の撮影(入笠山)は次回のお楽しみ。
別荘からの夕景。左は横岳(左端の白い平らな山))〜赤岳〜阿弥陀岳〜木の後ろに権現岳。2枚目は左から天狗岳〜硫黄岳。下段、山名図に詳細。
蓼科山 f4 Bulb 蓼科山 f5.6 Bulb というわけで、星空リベンジ。1年前の星を撮りに行った入笠山では星の「ほ」の字もなく、(私は別の意味ではとっても良い撮影だったと思いますが・・・)リベンジに燃えるTさんはちゃんと写ってたかなぁ〜。ポジなんで、数日後のお楽しみですね。左は19mmf4 bulb 右は12mmf5.6 bulb
NIKON D70s TOKINA AT-X124 PRO DX 12〜24mm F4
50mmF1.4 f4 Bulb 参加者は、デジタル一眼、フィルム一眼、ISOやらフィルムやらの設定がそれぞれ違うので、10分、20分、30分・・・と露光していると、めっぽう数字に弱い私はだんだんわからなくなってしまう・・・。デジタル一眼では1枚撮影するのに1時間近くかかるわけだから、一面雪の中、待つのはつらいし、こっちは20分、あっちは30分・・・そのうち、自分自身わかんなくなってきちゃってフィルム用50mmを持ち出してみんなと反対方向を撮ったりしてしまう・・・こちらは白樺と星を撮ってみました。
星空は場所選定で99%決まってしまう。この場所もかなり強引なロケハンで探し当てたところ。星に限らず風景物は撮影場所が非常に重要になります。

NIKON D70s/NIKON Ai AF Nikkor 50mm F1.4D データ:f4/Bulb
南八ヶ岳連峰
主峰赤岳(2899m)を中心にほぼ全山を見渡せる。ここを縦走したのは30年以上前になる・・・
拡大写真無し
この日のレンズベビーはこちら
週刊 「村」へ戻る     to HOME