能動ドットコム > 週刊 「村」2009
007 銚子電気鉄道 銚子漁港 犬吠埼灯台
銚子電気鉄道(銚子電鉄)、犬吠埼灯台、銚子漁港水産ポートタワー
デハ801(銚子電鉄標準塗色) デハ801 運転席 いぬぼう駅とデハ801 いぬぼう駅
左:デハ801(いぬぼう駅)。駅舎(右端)を撮ってたら、踏切の音がしたので、走ってギリギリセーフ。中左:デハ801の運転席から。線路のすぐ脇で農作業していたおばちゃんが窓から見える瞬間。こういうのって江ノ電以来かなぁ・・・。右2枚:いぬぼう駅ホームとデハ801右端はポルトガルをイメージした駅舎だそうです。銚子電鉄は駅やホームがいろいろ楽しませてくれます。次回は全駅をじっくり探索してみたいと思います。
犬吠崎 犬吠崎 銚子漁港 水産ポートタワーより 銚子漁港 水産ポートタワーより
今回は観光気分のほうが優先していて・・・とりあえず、地球は丸いシリーズと地球は丸くないシリーズを撮ってみました。左:犬吠埼の立入○止に座って入りました。右:銚子漁港の高さ57.7mの水産ポートタワーからシリーズ「地球は丸い」。
銚子駅 デハ801 運転席 デハ801 車内 駅員さん 犬吠埼灯台
左:オランダをイメージした銚子駅。残念ながら風車の羽根は取り外されています。この他にもスイス登山鉄道風・観音駅があります。また、本調子、もとい、本銚子駅もあります。中左:デハ801の運転席、超狭い。中:車内。木の床は珍しい。中右:ワンマン電車なので駅員さんは忙しい。右:犬吠埼灯台。
犬吠埼灯台からのパノラマ(デフォルメが大きいので雰囲気としてみてください)
週刊 「村」へ戻る     to HOME