能動ドットコム > 週刊 「村」2009
023 裏磐梯 五色沼と磐梯山
桧原湖周遊レトロバス「森のくまさん号」 週刊 「村」 初の福島県。裏磐梯 五色沼自然探勝路
以前から行きたいとは思うけど、遠い・・・ということで延び延びになってましたが、高速道路1000円セールのおかげで決心つきました。今回は前夜発2泊2日という強行軍だったので参加者は2名。左は桧原湖周遊レトロバス「森のくまさん号」。裏磐梯高原駅から五色沼入口まで乗りました。このあたりのコンビニやGSの看板は全部バスと同じ色。この徹底ぶりには脱帽ですね。
毘沙門沼と磐梯山 毘沙門沼と磐梯山 毘沙門沼 毘沙門沼
左:毘沙門沼第一展望台。中左:毘沙門沼と磐梯山(右:1819m。左:櫛ヶ峰1636m)。中右:毘沙門沼を這うようにガス(霧)が出ている(A.M.6:00)。右:毘沙門沼展望デッキ。天気はイマイチですが、磐梯山も見えてまあまあというところ。
赤沼 弁天沼 弁天沼 弁天沼
左:赤沼。中左:弁天沼。中右:弁天沼。右:弁天沼。赤沼は五色沼湖沼群の中で酸性が最も強く、沼辺の草や倒木に鉄分が付着して赤みを帯びている。弁天沼は毘沙門沼に次ぐ大きさ。
赤沼 みどろ沼 みどろ沼 弁天沼 弁天沼
左:赤沼。中左:みどろ沼。中:みどろ沼。中右:弁天沼。右:弁天沼。みどろ沼は深泥沼とも書くようです。濃いるり色、黄緑、帯状の茶色が混ざる不思議な沼。
青沼 青沼 左はどちらも青沼。「アロフェンによるエメラルド色」という解釈と「水底の青い苔の群落が澄み切った水を通して見えるので青い」という解説があり、専門家ぢゃないのでどっちが正しいかわかりません(笑)。ここに掲載している沼の中では最も小さい沼ですが、五色沼の沼群の中でもとても印象的な色をしています。ガイドブックで1時間20分とありますが、結局4時間かけて歩きました。
今度は秋と冬に是非訪れたいところです。裏磐梯恐るべし!
週刊 「村」へ戻る     to HOME