能動ドットコム > 週刊 「村」2009
024 喜多方 岩月夢想館 甲斐本家蔵座敷
岩月夢想館 岩月夢想館
喜多方にラーメン食べに行くついでに、ちょろっと寄ってみました。寄ってびっくり玉手箱。大好物の木造校舎を発見!ここは、岩月中学校・養護学校として、昭和24年に建てられ、昭和40年代半ばまで使われていたようです。現在は生涯教育活動の「岩月夢想館」として利用されています。左のような木の桟と窓から見える木造の壁を見ていると心が落ち着きます。
岩月夢想館 岩月夢想館 岩月夢想館 岩月夢想館
岩月夢想館 岩月夢想館 岩月夢想館 岩月夢想館
とにかくぐるっと一回りして、バスケの練習に来ている生徒の親御さんにお願いして中に入れていただきました。体育館にはぶっ倒れるほどビックリしました。とってもきれいに使っていて、いつまでも残していただきたいと感じました。右端はオマケの「ふにゃ窓」
甲斐本家蔵座敷
喜多方へはラーメンが目的なので、ろくに調べもしないで来てしまったのが運の尽き。時間の無い中、せめて、甲斐本家蔵座敷だけでもと雨の中見て回りました。喜多方市民に「甲斐さま」と呼ぶ人もいて、かなり立派です。大正6年から7年間かけて造ったそうです。コーヒーも美味しかった。
6枚は岩月夢想館、4枚は甲斐本家蔵座敷。最後の2枚は大好物の「ふにゃ窓」。喜多方と言えば「ラーメン」でしょ!と思っていましたが、実は蔵のまちでもあります。今度はラーメンを2番手にして蔵めぐりでもしましょうか・・・
週刊 「村」へ戻る     to HOME