能動ドットコム > 週刊 「村」2009
029 裏磐梯 五色沼・魔女の瞳(吾妻の瞳)
裏磐梯 五色沼(魔女の瞳)
約1ヶ月前、ターゲットにしていたのに準備不足(冬山装備が必要だった・・・)で断念した一切経山(いっさいきょうざん:1949m)に登りました。梅雨だというのに天候にも恵まれ、念願かなって「魔女の瞳」や「吾妻の瞳」と呼ばれる五色沼とご対面。魔女の瞳に会うには2時間半以上の時間が掛かるのでその色もさることながら、別の意味の感動があります。今回の撮影会で第一目標に掲げていた五色沼を攻略できたことはこの時期としては幸い。ダメなら明日再挑戦!と思っていたので、超ラッキーでした。秋にも是非!と思いますが、人のごった返す中の山登りはチョット・・・
魔女の瞳 魔女の瞳
左:酸ヶ平から一切経山へ向かう途中の雪渓。中左:同じく途中から見る「鎌沼」。中右:魔女の瞳全景(左の白いのは目やにじゃなくて雪。右:目やにアップ
一切経山からの帰路。チョット余裕がでてきたところ。
左:深田久弥の百名山にも選ばれている吾妻子富士(1707m)、約1.5kmのお鉢巡りもビジターセンターから1時間でOK。左下に見えるのが磐梯吾妻スカイライン。中左:吾妻小富士を下りきるとこのような噴煙の立ち込める荒涼とした岩肌に出会います。火山ガスのため付近は「駐停車禁止区間」。中右:そんな山々ですが、高山植物も豊富。イワカガミの可憐な花。右:チングルマの群生。
左、中左:いたるところに雪。中:豆桜だと思います。中右:登山道もいたるところ雪に埋まっています。右:ここを転げ落ちたら万事きゅうす。さすが福島県、6月いっぱいは軽アイゼンが必要かも。
左、中左:魔女の瞳。中:イワカガミ群生。中右:チングルマ群生。右:こんな感じで木道の周りはチングルマとイワカガミで覆い尽くされているところもあります。
週刊 「村」へ戻る     to HOME