能動ドットコム > 週刊 「村」2009
047 喜多方のちょっとイイお店
左2枚:喜多方市役所の近く、「大竹はきもの」さん。そのままでいて!ってお願いしたくなるようなお店。ふにゃガラスに木の桟、左の看板は人が踊っているように見えますが、手書きで「足」と書いてあるようです。 右2枚:市街地の北にある駄菓子の「鳴海屋」さん。喜多方へ来るたびに寄らせてもらってるので、どうも鳴海屋さんの女将さんはわれわれのことを覚えてしまったような・・・「好きなだけ撮って」と言われて(天気がイマイチ)数枚撮らせてもらいました。女将さん自ら考案の「落花糖」が超お勧め。きなこねじりやげんこつあめも絶品。
左3枚:「大竹はきもの」さんの裏手を見せていただきました。こちらもふにゃ窓+障子+すだれ=大好物。驚くことに雨戸が無い!さぞかし寒いと思うけど、「まあ、寒いね〜」くらいの話で・・・大丈夫かなぁ・・・。 右:鳴海屋さん
週刊 「村」へ戻る     to HOME