PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2012年09月20日:オスプレイの安全宣言
開発中、30人の飛行士が死亡し、未亡人製造機と呼ばれたオスプレイが明日から飛ぶそうです。政府も自民党も総裁選で忙しくてオスプレイどころではないので、代わりに書いておきましょう(笑)。
「原発や人口密集地上空を飛ぶのは避ける」「機体が接近する編隊飛行は米軍施設上空に限定」 「回転翼を上向きにする飛行は米軍施設上空に限定」の3点は当然のことでしょう。
通常、米軍機には適用されない日本の航空法による安全高度150mを適用する。ということは、他のヘリやF18は超低空飛行できるわけだ・・・。日本の上空を飛ぶ時に日本の航空法が適用されるなんて、当然の常識だと思いますが、私の常識が間違っているのね・・・アメリカ様様なんだ・・・
騒音対策のため、深夜、早朝飛行は必要最小限
飛行が不安定になる転換モードの飛行時間は
できる限り短くする。
病院や学校上空の飛行は
極力回避。

最小限、できる限り、極力か・・・
朝7時から夜10時まで飛行OKってことか。
転換モードってパイロットが決められるんだ・・・。元米軍ジェット機のパイロットによれば、水平飛行する飛行機・ジェット機のパイロットと垂直離着陸するヘリのパイロットは全く別の職業です。どちらも空を飛びますが、バスと乗用車というような違いではなく、カメラマンとお医者さんの違い、だそうです。
万一、学校に墜落した場合は「これまでは、極力回避してきたが、今回、たまたま上空を飛行中だった・・・」と言い訳するつもりだな・・・
関連するこれまでの「今週の一言」を抜粋してみます。
2014年7月15日、オスプレイを見て、聞いてきたので、上記とは別の視点で新しく思考回路を書き直しました。
CHa-Ki 的思考回路 オスプレイ賛成派に鞍替え?
今週の一言 2011年8月24日   海上自衛隊初の純国産哨戒機「P1」の地上試験機2機の機体に圧力を加えて強度を調べた際、主翼や胴体に幅10〜15センチの亀裂が数カ所見つかりました。にもかかわらず、防衛省南関東防衛局は飛行試験を再開します(驚!)。同局は、「強度が確認されている範囲内で実施するもので飛行安全上の問題はない」と強調してますが、日本という国は狂ってしまったのでしょうか?
地元の大和市長の大木哲は「国によれば安全上の問題はないとのことだが、安全性の確保に万全を期してほしい」と要望、綾瀬市長の笠間城治郎は「飛行試験は地上試験で強度が確認されている条件で実施されると国から9、10日に説明を受けた。飛行安全上の問題はないと考えている」。
フクシマが生かされてないな〜、で墜落したら「想定外」か・・・バカもここまでくるとおめでたい。
さらに、一番大きな問題をキッチリ書くとここでは書ききらないので、CHa-Ki 的思考回路でちゃんと書きます。
今週の一言 2011年10月10日   7日、訓練中の航空自衛隊F15から燃料タンク1本と空対空ミサイルの一部が石川県能見市に落下しました。長さ6.6m重さ155kgのタンク等が200個以上に破損して住宅街に落ちたにもかかわらず、けが人が1人もいなかったのは奇跡としか言いようがありません。
次に事故るのが海上自衛隊初の純国産哨戒機「P1」にならないように祈りましょう。機体と主翼に亀裂が入ることがわかっていて、落ちて当たり前の状況なので、とっても心配です。震災で頑張った自衛隊の努力を無駄にしないためにも原因を究明して、しっかり整備して亀裂が入らないようにして欲しいものです。
今週の一言 2011年10月24日   先に断っておきますが、第二次大戦中の話ではなく、2011年=今年の話です。8月、海上自衛隊初の純国産哨戒機「P1」の地上試験機2機の機体に圧力を加えて強度を調べた際、主翼や胴体に幅10〜15センチの亀裂が数カ所⇒明らかに強度不足のままですが、「慎重」に「負荷をかけないように」すれば安全なので、8月末から飛ばします!
10月7日に小松基地のF15から燃料タンクが住宅街に落下⇒原因不明のままですが、国民を不安がらせないよう今月中に飛行再開します!
・・・もはやタコどもに付ける薬なし!怒る気にもならない・・・
今週の一言 2011年12月11日   10月7日に小松基地のF15の燃料タンクが落ちたばかりなのに、今度は茨城県の百里基地のF15戦闘機の垂直尾翼の先端部(アルミ製で長さ約25センチ、直径約5センチ、重さ約2キロ)が落ち、部品が見つかっていないって・・・報道されていないけど、11月はじめに宮崎県でも部品落下事件が起きていて、なんだかんだ言いながら、毎月落っことしてるんですね!! 
ここは日本だよね? 
毎日新聞によれば、『百里基地は「部品は軽くて空中で破砕する可能性が高く、地上への影響はない。住民をかえって不安に陥れるため、発表しなかった」としている。』って、F15の部品は簡単に壊れて粉々になって、しょっちゅう落ちてます!ってこと?
確かF15イーグルって2万メートル近くまで上昇できて、最高マッハ2.5の速度だよね?この基地の発表は正気の沙汰とは思えないんですが・・・
7月5日に沖縄で墜落したF15はパイロットが原因としてるけど、アヤシくなってきましたね。
とりあえず、セスナのスカイキャッチャーを一機チャーターして重さ2kgのアルミ板を百里基地の第7航空団司令部にブチ込んでみるか・・・。
今週の一言 2012年3月31日   防衛省は2月6日、2007年以降にF−15戦闘機の部品落下事故は113件発生、うち、地方自治体への通報は僅か9件、報道発表は6件にとどめていたと発表。昨年12月11日の今週の一言に毎月落ちてる!って書いたけど、よ〜く計算してみれば、約5年=60ヶ月なので、毎月2回ずつ落としてました。お詫びして訂正いたします。
発表の2日後の2月8日、厚木基地のEA6Bプラウラー※が大和市に、金属パネル等機体部品6個を落下させ、一部は県道走行中の乗用車の屋根に接触する重大な事故を起こしました。
昨年8月に国産哨戒機「P1」の主翼や胴体に幅10〜15センチの亀裂が数カ所見つかったにもかかわらず、原因不明のまま防衛省が飛行試験を再開した時に、私の認識不足で間違って「米軍を見習え!」と書いてしまいましたが、これもあわせてお詫びして訂正いたします。
日本国政府、周辺自治体の飛行自粛要請どこ吹く風の昨日、米軍は事故機の飛行を強引に再開し一言。
「原因はわかっていないが(最悪落ちても日本だし〜)、徹底した(と言えると多分思う)点検と修理は終えている(状態?とメイビー思うんで、ダメ元で飛ばしてみましたぁ)」・・・チィッ!○○ったれ!(汚い言葉を使うなという声にお応えして蓋をしてみました)

※1971年1月よりベトナム戦争に投入された空母艦載機電子戦機。よ〜く数字を見ると、40年前かぁ・・・分解して船に積んでとっとと持って帰れ!ちなみにこの10年間の米軍機からの部品落下事故は公開されているだけで17件発生しています。自衛隊の確立からすれば200件くらいか・・・5年で100件、自衛隊にわずか及ばず!
今週の一言 2012年4月11日   1999年に起こった東海村JCOの臨界事故を受けて首相官邸と不安院、オフサイトセンター、自治体などを結ぶテレビ会議システム専用回線に官邸だけ接続されていなかった…官邸と各方面の連絡は電話とファックスしか使われなかった…巨費をかけて整備してきた最も重要な連絡網が機能していなかったということですね。この回線は訓練の時だけ接続するようになっていて、その維持費は年間6億円。
のん気な国だ。
大飯原発の安全対策について経産相の枝野は、安全基準を
「おおむね適合している」
「全電源喪失でも安全であるとおおむね確認された」
耐震安全性も
「十分な余裕があると説明を受け了解した」
狂った国だ。
今週の一言 2012年8月2日   今日、1時間ほど大和市の上草柳(かみそうやぎ)の熊野神社にいました。ここは、厚木基地の北端から500mくらいのところです。
FA-18が離着陸をしていました。途中、1回だけ「ここに向かって落ちてくる!」と思い空を見渡し逃げる体勢を取り、聞いたことのない巨大爆音に恐怖を覚えました。地元の人はいつもどおりのタッチアンドゴーだ、とお話しされてましたが、やはり、現実を目にし、耳にしなければ状況は把握できないとつくづく思いました。
被災地に行っていない人は大震災を語る権利無いし、普天間の爆音を聞いていない人は基地を語る権利無し!
追記:
この上草柳って50年近く前、米軍機が鉄工所に墜落して5人が亡くなっています。
他の事故といえば、1977年、ファントムが離陸から2分後、横浜市緑区の住宅地に墜落。3才と1才の兄弟が死亡、母親は全身火傷で4年後に死亡。
パイロットはパラシュートで脱出し、海上自衛隊の救難ヘリが大火傷の負傷者を放置して無傷のパイロットだけを乗せて、警察にも消防にも連絡する事すらなく、厚木基地にもどったそうです。
今週の一言 2012年9月12日   8月2日の今一で落ちてくる!?FA-18の話を書きましたが、そのせいか、ヘリや戦闘機の爆音を気にし過ぎているのかもしれないけど、我が家の真上を異常なほど頻繁にヘリや戦闘機が飛んでいます。分単位じゃなく、時間単位で何機ものヘリが通過することも度々です。
どれどれ、と地図を広げると、案の定、横田基地と横須賀を結ぶ線上です!昨年12月27日の今一で、440tのジェット機が時速900km/hで突っ込んでも耐えられる原子炉の話を書きましたが、我が家は、普通の家なので、できれば落ちないで欲しいと願うばかりです。
東京・六本木にも米軍のヘリ基地があるのはあまり知られていないかもしれません(公称「赤坂プレスセンター」、米軍は「ハーディー・バラックス」と称しています)のでチクっておきます(笑)。
関連:「防衛省南関東防衛局」より,、もっと怖い話
     to HOME