PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2013_1201:中国の一方的な防空識別圏から見えるもの
中国が公海上および日本の領土上を防空識別圏にしてから、米軍機が防空識別圏に入っても大丈夫だったけど、米軍機と自衛隊機が入ったら、スクランブル発進したようです。
中国軍の暴走を止められない政府の弱体化を論じるつもりはないのですが、いい加減にしないと痛いしっぺ返しを喰らうかもね。
アメリカは2回ちょっかい出してから、安全のためにということで、民間機が中国に飛行計画を提出することを容認しました。
かたや日本は、政府が航空会社に対し、提出しないように要請した上、アメリカは提出を推奨しているわけではないという立場です。
大韓航空機撃墜事件※のソ連軍のように民間機を撃墜するとは思いたくありませんが、中国軍機がアメリカ偵察機に空中衝突した(※海南島事件)ようなことを考えれば・・・、夜に民間機をスパイと誤認すれば・・・、アメリカ政府や航空会社の気持ちもわかります。
強い日本を!という安倍ですが、本当に日本の航空会社は提出しなくても良いのでしょうか?
中国軍が何するかわからないのは、今年1月の火器管制(攻撃用)レーダー照射事件を見ても明らかです。中国政府は否定していても、軍の幹部は艦長の命令で照射したことを認めているわけですから、困ったものです。
尚、国際ルールでは、火器管制レーダー照射を確認した(ロックオンされた)時点で攻撃しても良いことになっています。
集団的自衛権の行使容認やら、秘密保護法やらなにやらで、安倍のリスクが本格化してきました。
リスクで済めばいいのですが…
あまり知られていないかもしれないので書いておきますが、安倍の一番いやらしいところは、人事に表れています。先日発表されたNHK経営委員会委員の中にも4人送り込みました。
フクシマで国民をだました政府とNHKですが、今回の人事では、安倍の子供時代の家庭教師なんぞも入っており、NHKも安倍の思うがままにニュースと題して扇動ガセネタ流すのかな?
やはり、NHKは国営ではなく、民放に格上げしたほうが良さそうですね。

あれっ? 防空識別圏の話がこの結末でいいのかなぁ・・・?
※大韓航空機撃墜事件(だいかんこうくうきげきついじけん)
1983年9月1日に大韓航空のボーイング747が、ソビエト連邦の領空を侵犯したために、スパイ飛行機として、ソ連防空軍の戦闘機により撃墜された事件。乗員乗客合わせて269人全員が死亡。
※海南島事件(かいなんとうじけん)
2001年4月1日、海南島から東南に110キロメートルの南シナ海上空の公海上で中国国内の無線通信傍受の偵察活動をしていたアメリカ海軍所属の電子偵察機EP-3Eと中国人民解放軍海軍航空隊所属のJ-8II戦闘機が空中衝突した事故。
中国人民解放軍機が墜落しパイロットが行方不明になった。一方のアメリカ軍偵察機は大きな損傷を負ったが、至近の海南島の飛行場に不時着した。搭乗員は中国当局によって身柄を拘束された。
アメリカ側は、行方不明になったパイロットが、以前にも同様の挑発行為をしており、中国人民解放軍機のパイロットによる常軌を逸した行動と主張。
米中両国政府はこれ以上の軍事的対立のエスカレートを望まず、5月24日に機体返還の合意が発表、事件は決着した。
中国海軍レーダー照射事件
2013年1月30日、東シナ海において中国人民解放軍海軍のフリゲート「連雲港」が、海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対して火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)を照射した事件。
また、2013年1月19日にも東シナ海において中国海軍所属のジャンカイI級フリゲート「温州」が、海上自衛隊第6護衛隊隊所属の護衛艦「おおなみ」搭載の哨戒ヘリコプター「SH-60」に向けて火器管制レーダーを照射した疑いがある。
     to HOME