PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2013_1228:森田の常識は日本の非常識か・・・
去年の流行語大賞の「ワイルドだろぉ」と作者の「スギちゃん」を、流行語大賞になったニュースで初めて知りました。
今年の流行語大賞は、「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4つ。
今年は「今でしょ!」以外全て知ってた!
もっとも、「倍返し」と「半沢直樹」に関しては、10月まで知らなかったけど…。9月のシステムファイブの講義の時に受講者から半沢直樹ですか?と質問されて、何も答えられなかったので、最終回だけDVDに落としてもらったのを見ました(苦笑)。
日本の常識は森田の非常識かぁ…。
10月の、ある1週間で、2度続けて若い女性と話をしたとき、「ああ、こいつの考えてること、わからん!」と思いました。そして、こいつら、人間じゃないなっ!と感じました。
その時はそれで、どうでも良いことだと流していましたが、先週末、ひょんなことからその話になりました。
「あいつら、サイボーグだよね、絶対人間じゃないよね」って話したら、「このジジイ、何言ってんだ?」という顔をされて、「これ見てごらん!」とスマホでカラーコンタクト(以下カラコン※)のカタログ見せられて、「世の中、こんなんだよ!」 「たまには民放見たら?」
悔しいので、月曜日からずっとTBSの「朝ズバッ」を見てました。
結構面白かった。いろんな面で(笑)。
お天気おねえさんがカラコンで、その芸能ニュースに出てくる人たち、CMに出てくる人たち・・・ほぼ全て、山のようにカラコンでした。
私はいったいぜんたい、何を見て生きているんだろう?
今さら「カラコン止めようよ!」なんて言っても変人扱いされるだけで、何の得にもならない。
確かに遠目では瞳が大きく見えてカワイイ感じかもしれないけど、テーブルの向こうとこっち、みたいな距離だと「怖い」のは私だけなのかなぁ?
威圧感のためのカラコンじゃないよね?腕を外せたりしないよね?
半年ほど前に愛用のカメラが壊れて、152万円という安いカメラHPX-600と¥367,500もするビューファインダーを買いました。
さて、このカメラ、録画が始まると、私の右目のすぐ横でオレンジ色のLEDが点滅します。最初は壊れたかと「ドキッ」としました。
半年経った今でもやはり、時々、目に入った時ドキッとします。一般的に、点滅というのはアラートと相場が決まっています。
すなわち、「目を引く」という人間の医学的特性を狙っています。
踏み切りの赤点滅しかり、歩行者信号の最後の点滅しかり。
何故、点滅させなければならないのか?
この他、録画中を示す赤い「タリーランプ」が前後5箇所に点いています。ファインダーの中にも赤いランプが点きます。もちろん、録画中は全て「点灯」で、これが点滅するときは故障かエラーかメモリー残量ギリギリ・・・というアラートです。
ちなみに、タリーの一つはビューファインダーに「後ろ向き」に付いています。カメラマンへの目つぶし攻撃としか思えないんですが…さすがに、使い道がアヤシイので完全密閉できる扉が付いてます。購入から廃棄まで一度も開けられない扉ですな。
先日、真っ暗闇の中での撮影があって、レンズの距離目盛を確認しようとして、レンズ照明を点けようとしたんですが、見当たらず、あきらめました。
機材庫で確認したところ、レンズ照明はありませんでした。 単なる設計ミスか・・・
現在、目つぶし攻撃LEDを反射させてレンズを明るくする方法を模索中です。
先月、長年愛用してきたキヤノンの元フラッグシッププリンター9910が突然他界しました。
ほぼ8色のインク全てが新品の上、未開封インクまであって・・・まっ、元は取ってるし、いいかぁ。
写真展も狛犬ばっかりだし、A3印刷があまり多くないので、エプソンに戻って「時々A3」っていう奴を購入。
紙印刷ではインクの減りがとてつもなく早い意外、大きな問題もなかったのですが、DVDレーベルを印刷し終わった時に「ピーッ、ピーッ、ピーッ、ピーッ、ピーッ」 「うわぁ、買ったばっかりなのに壊れたーーーっ。」
と思ったのは勘違いでした。
私の中では、終わりました!は長く「ピーーー」とか、百歩譲って「ピッ、ピッ、ピッ、」
「ピーッ、ピーッ、ピーッ、ピーッ、ピーッ」は「早く取れ!取れ!取れ!取れ!取れ!」って聞こえるんですが…。
※全体的かどうかではなく、輪郭だけ着色も含めて、透明なコンタクト以外を全てカラコンとしています
     to HOME