PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2014_0203:NHKの新会長 籾井勝人って・・・
新しいNHK会長籾井が従軍慰安婦問題に関する発言が話題になっていました。
1月25日の就任記者会見での執拗な質問に「切れて」、慰安婦はどこの国にもあった。欧州にはどこでもあったし、オランダには今も飾り窓(売春宿)がある。韓国が(世界中で)日本だけが強制連行したと言うからややこしい。日韓条約で全部解決している。
などと発言し、当然のことながら、国内外から集中砲火を浴びて、早々に謝罪しました。
それから1週間も経たない先月末、NHKラジオ第一の「ビジネス展望」でも騒動が起きてました。
毎月出演している東洋大の中北徹教授が「原発稼動のコストとリスク」をテーマに、
1.原発の安全確保対策
2.再稼動のコストの上昇
3.廃炉費用
を考えれば、「即時、脱原発か、穏やかに原発依存を減らしていくかの選択になる」と結論付ける予定でした。が、NHKからテーマの変更を迫られ、中北教授は出演を取りやめにしました。次の出演は未定だそうです。
大阪市長を突然辞めると宣言した橋下が「正論だ!」と籾井を援護するようなことも一部ありますが、大方、籾井の見識の無さに批判とNHK内の嘆きしか伝わらないようです。
でも、ここで、チョット考えを原点に戻しましょう。
NHKは公共放送です。
公共放送というのは、中立的放送をするのではなく、国策の一つであるということです。
フクシマの時に国民を危険にさらす大量のガセネタを流しましたが、これは、国(政府)が言っていることを忠実に放送しただけです。中立的立場ではなく、政府のスピーカーと言っても過言ではありません。
マチガイかマチガイじゃないか検証する能力をうんぬんしても仕方のないことなのです。
だから、2項目目のラジオ番組にしても、NHKにとって「脱原発」はNGワードです。
言ってはいけない、使ってはいけない言葉だし、その証拠にフクシマ以降ずーっと原発推進の御用学者しかNHKには出演しませんでした。
たまにちゃんとした学者が出ると、そこには御用学者が漏れなくついてきて、アナウンサー、解説者と手を組みよってたかって袋叩きにしてました。
政府の声という面にもまして、御用学者のガセネタを信用して、局全体で原発推進しているのがNHK。
そもそも、籾井を選任したNHK経営委員の中にも自民党・安倍の刺客が入っているわけで、もしかすると、そいつらが、頭の弱い奴を会長に据えて、自分たちの思うがままにNHKを動かそうとしているわけではないと思いたいのですが・・・
前にも書いたとおり、無用なうるさいだけの効果音っぽく鳴らしてるつもりの雑音やBGN(バックグラウンドノイズ)が多すぎるし、ピント合わせられないし、国○雅○古のような視聴者をバカにしてタメグチたたくような奴がうようよしてるわけだし、自分たちのマチガイを指摘されても「いろんな意見がありますから」なんて言っているのだから、やっぱり、NHK自体を無くす方向に舵を切るほうが良さそうですね。
廃炉、廃局でお願いします。
     to HOME