PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2014_0408:一番強いのはお金かぁ・・・5億円使うのが一般的って言われてもなぁ・・・
ずいぶん時間がかかって、みんなの党代表の渡辺喜美が辞任しました。
「何を今さら!」と思った方も多いと思います、もちろん、私もその1人です。
どうも、政治の世界は一般論がぜんぜん通じない世界のようで、4月4日の今週の一言でも書きましたが、お金の感覚も一般庶民と政治家・実業家とはかけ離れているみたいですね。
ボンビーな私には4桁ほど金額を変換して考えないといけないらしいとは思っていましたが、ここまでとは。
DHC会長のコメントが発表されたので、備忘録として残します。
DHC会長のコメント:
借りたお金をきれいに返済したうえで党首を辞任したという行為は立派といえます。
貸金の全額が返済されたということで、これで少なくとも詐欺事件は成立しなくなったということです。
返してもらったからには、本人が何に使っていようと、貸した者にとっては何の関係もありません。
選挙の話をさかんにしておいて実際は個人的な目的に使ったということになりますが、「熊手」はさておき、5億円を個人的に使ってしまうということは、一般的にもありうる話です。
問題は、私にうそをついたかもしれないということですが、うそをつく政治家は数え上げればきりがありませんし、道義的には許されないとしても、刑法上は何の罪にも問われません。
これからは、うそをつかないようにしましょうね、と注意してあげるだけの話です。
渡辺さんには、これからは基本に立ち返って、脱官僚・中央集権打破のために、がんばっていただきたいと思います。
詐欺だと考えていたんだ、とか、5億円はジャンボ宝くじに前後賞含めて2回連続で当たらないと使えないので、一般的じゃないし、渡辺を幼稚園扱いしているのも笑えるけど、そのあたりは、あまり突っ込まないこととしましょう。
私が一番疑問なのは、
「個人的に借りた」お金を党のために使ったことは、法的に何ら問題が無い
という渡辺の理論、
これを立証して逮捕するのは困難
という検察(法律)の論理。
借入金の使途も、
「政策立案のための情報収集などに使った」
※「など」は後で弁明のときに使うために入れています。はっきり限定しない政治用語ですね。
「みんなの党の党勢拡大のための選挙関係に充てるため2億5千万円を貸し付けた」
ということは、個人的に借りて、政党に貸し付けるのは合法っていうこと?
これ以上ガンバると、突っ込まれまくってボロ出してお縄になるから、とりあえず代表辞任して、いちおう腹見せて、「お願いだから、これ以上追求しないで!」って、なんとか勘弁してもらおうという判断ですか?
親(ミッチー)の七光りでここまできたけど、渡辺商店も潮時かな?
騒動に巻き込まれなくてホッとしてる「結いの党」とは逆にみんなの党に残っていた政治家は悲劇です。
自ら離脱した人と離脱せざるを得ない人との差はこれからでてくるのではないでしょうか?
そういう人たちを作ってしまったという一般社会的責任も考えなければならないと思います。
代表辞任は最低限、本来、議員辞職がスジ?なのかもしれませんね。
CHa-Ki 的思考回路       映像制作の能動ドットコム