PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2014_0725:NHK大阪放送局がパパラッチ、小保方氏ケガ
コメントする気もしないし、その必要も無いと思いますが、備忘録として。
当然のことながら、NHKでは一切放送しないし、ニュースの一つとしてさえも流れていません。
産経新聞
小保方氏、NHKに抗議 「長時間追い回されけが」 路上→ホテルロビー→エレベーター
2014.7.24 13:11
 理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(神戸市)でSTAP細胞の再現実験に臨んでいる小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人の三木秀夫弁護士は24日、同氏が実験からの帰途でNHKの記者やカメラマンに長時間追い回され、けがを負ったと説明した。弁護士は「強要罪に当たるような取材には抗議する」と話した。
 三木弁護士によると、小保方氏は23日午後8時ごろ、実験を終えて車で戻っていた際、バイクに追われて近くのホテルに避難。ホテルのロビーではNHKを名乗る4、5人がカメラを回しながら質問を投げ掛けてきたため回答を拒んだが、エスカレーターで前後を挟まれるなどして退路をふさがれ、ホテルの従業員の協力で脱出した。この際に軽いけがをしたという。
 NHK広報局は「小保方さん本人に事実関係を確認したいことがあり、取材を試みた。詳しい経緯を調べるとともに、小保方さんの弁護士とお会いし適切に対応していく」としている。
読売新聞
小保方氏けが「実験に支障」…NHKの取材で
2014年07月25日 07時23分
 理化学研究所は24日、小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーに対する過度な取材があったとして、NHKに文書で抗議したことを明らかにした。
 小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士によると、小保方氏は23日夜、取材から逃げる際に右ひじや首を痛め、全治2週間のけが。NHKは24日、小保方氏側に謝罪した。
 三木弁護士によると、小保方氏は23日夜に車で移動中、NHK大阪放送局の取材班のバイクに追跡され、逃げ込んだホテルでもエスカレーターで進路を阻まれるなどした。小保方氏は「(STAP細胞を作る)実験に支障が出る。悔しい」と憤っているという。
 NHK広報局は、取材の事実を認め、「小保方氏にご迷惑をお掛けしておわびします。今後、取材にあたっては適切な対応に努めます」とコメントした。
STAP問題:小保方氏、NHKに追い回され「軽いけが」
毎日新聞 2014年07月24日 13時10分
 理化学研究所の発生・再生科学総合研究センターでSTAP細胞の再現実験に臨んでいる小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人弁護士は24日、同氏が実験からの帰途でNHKの記者やカメラマンに長時間追い回され、軽いけがをし、NHKに抗議したと説明した。弁護士は「強要罪に当たるような取材には断固抗議する」と話し、NHKの対応次第では刑事告訴や損害賠償請求を検討するという。理研も抗議の方針。
 NHK広報局は「小保方さん本人に事実関係を確認したいことがあり、取材を試みた。詳しい経緯を調べるとともに、小保方さんの弁護士とお会いし適切に対応していく」としている。(共同)
朝日新聞デジタル
NHKに追われ小保方氏けが「実験に支障」 同局は謝罪
2014年7月24日20時33分
 理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーが23日夜、NHKの取材班に追いかけ回された、と訴えていたことが分かった。小保方氏は逃げる際、頸椎(けいつい)ねんざなど全治2週間のけがをしたという。NHKは24日、小保方氏側に謝罪した。
 小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士によると、小保方氏は23日午後8時ごろ、理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)から帰宅中、NHK取材班のバイクに追いかけられ、神戸市内のホテルに逃げ込んだ。
 ホテル内で記者やカメラマン計5人の取材や撮影を拒否して立ち去ろうとしたが、エスカレーターの前後を挟まれたり、トイレの前で張り込まれたりして、1時間近く妨害された末、逃げる途中に体をぶつけたという。
 小保方氏は24日も理研に出勤したが、体の痛みを訴え、夕方になって病院を受診。頸椎ねんざと右ひじ筋挫傷で全治2週間と診断されたとしている。三木弁護士は、「小保方氏は『右手が痛いので実験に支障が出るのが非常に悔しい』と怒っている」と話した。
 NHK広報局によると、大阪放送局の幹部が同日、三木弁護士の事務所を訪れて「ご迷惑をおかけした。今後の取材のあり方について、指導を徹底したい」と謝罪したという。
     to HOME