PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2015_0902:五輪エンブレムの白紙撤回
9月2日  東京五輪のエンブレムが白紙撤回されました。今回、デザイナー業界の「コピペ当たり前」思想が露呈したようで、最後の最後まで全員「パクリ」を否定していましたが、コピペはパクリじゃなく、インターネット空間にあったただの数字の羅列を拾っただけとでもいうのだろうか?◇今回の事件で数十億円の金がどこかへ吹っ飛んで、いわゆる、ドブに捨てたことになりましたが、刑事罰がどこにも存在しないという不可思議な構図がどうも納得いかないので、思考回路に書くことにしよう
9月2日の今週の一言でこう書きました。
昨日、9月1日、五輪エンブレムの白紙撤回が発表されました。何を今さらと言いたくなるようなタイミングでもあり、時間的にギリギリのタイミングとも言えるのかもしれません。
ある意味、個人攻撃になるかもしれないので、無視したかったのですが、ちょっとだけ書きたいと思います。
1.ベルギーのリエージュ劇場のロゴと酷似
2.サントリーのキャンペーン商品の図案が他人の図案を盗んだもの
3.苦し紛れに「原案」を示したが、銀座で2013年11月に開かれた「ヤン・チヒョルト展」のポスターと瓜二つ
  ポスターをデザインしたグラフィックデザイナーの白井敬尚氏は怒るべきかと・・・
4.カンプ(パース:実際にこうなりますという完成予想図)の写真がインターネットから盗んだもの。
  その言い訳に「審査委員会のようなクローズドの場ではよくあること。」と言い放つ
大きな転機はこのような流れです。
普通にオカシイと思う部分は新聞テレビの報道でも流れていますので割愛します。
この中から3点だけ書こうと思います。
■どう考えても、エンブレム選考会は、最初から佐野研二郎にやらせるというキマリがあった?
申し訳ないけど、あの程度の(決して褒められない)デザインで、ある意味「日本最高」のエンブレムだとしたら、日本のデザイン業界が泣くのではないだろうか?
もし、そうじゃない!と言いたいなら、いっそ、全ての応募作を公開してはどうか。
そもそも、最初の「原案」は、私だったら採用しないかな(笑)。
原案をもとに変えていってエンブレムを作るという考え方も理解できない。最終的なエンブレムの著作権は誰になるのか?
佐野は「原案」を作ったと言っている・・・
さて、
デザイン業界は知りません。しかし、「あんたたちはデザインの素人なんだから口を出さないで!文句も言わないで!」というのは一般社会として許されないでしょう。
インターネットなら多くの人が使っているのだから、公募して公開して、みんなで選べばいいんじゃない?
■カンプの言い訳の「クローズドならOK」というのは、デザイン業界の常識なのか?
私も個人的技術や能力を駆使して30年仕事してきました。当たり前ですが、少なくとも、私は他人の作品を自分のもののように、自分以外の人に言ったり示したりしたことはありません。
自分の著作権を認めて欲しいから、他人の著作権を守るのは自明の理です。

本来、クローズドだろうが公開だろうが、自分のものは自分のもの、他人のものは他人のものなんて、小学生でも知ってることでしょう。
私は、著作権法の講演でも、小さなビデオや写真クラブでのお話でも、まず最初にこの大切な話をします。
メジャーなCDの音源を使うなど、アマチュアだと知らなくて著作権を侵害してしまうことはありますが、プロの世界では通用しません。それがクローズだろうがオープンだろうが。
クローズだから、他人の写真を盗んでも良いという発想は絶対に許せない。
政府機関なら著作権を無視しても良いという狂った潜在的暗黙の了解がありますが・・・
■最後に
デザインは、究極を探れば同じような形になっていくことは、自動車業界を見れば瞭然で、エンブレムがないと会社も車名もわかりません。
記者会見で「デザインとは」としきりに言い訳していましたが、それは、まともな人間が話している場合に通用する文言で、あっちこっちで盗みを働いている人たちがいくら正論を唱えても始まりません。
今となっては死語というか、久しぶりに聞いた「パクリ」という言葉で自滅するとは当人は全く考えていなかったでしょう。
今回は社会に与えた悪影響も大きいし、ぜひ、(いけにえのようでイヤですが)窃盗罪を適用して、全員にちゃんと謝罪してもらわないと。明らかに刑事事件ですから。
その後、発覚した事実 … あきれてものがいえない        2015年9月16日追記
この白紙撤回前の8月23日に盗用を否定した記者会見で使った写真で、大会組織委員会マーケティング局が写真3枚を盗用したことが判明し、わかった1枚の写真の持ち主に謝罪しました。残る2枚の持ち主は不明で、ということは、ネット上にある全ての写真は使いたい放題ということでしょうね。
こうなるともう、パクリは常識!というレッテルを貼らざるを得ません。
別件ですが、独立行政法人・日本スポーツ振興センター(JSC)の理事長河野一郎が国立競技場の一件で引責辞任することになりました。文科省の下村も10月に更迭されます。
そんなことで幕引きができると思っていることが一般ピーポーには理解しがたい部分です。
どうも、独立行政法人という名称に疑問を抱くのは私だけでしょうか?原子力安全基盤機構のように、アヤシイ気持ちになります。「親方日の丸」という影がどうしてもまとわりつきます。
きちんと仕事をしていて、とても役にたっているものもあるのだから、最低限の一般常識は守って欲しいものです。
CHa-Ki 的思考回路       映像制作の能動ドットコム