PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2015年12月23日:中日本高速の過失認定・笹子トンネル事故の判決より
中央道笹子トンネルで天井板崩落という信じられない事故から3年です。備忘録としてまとめておきます。
事故があった当時の今週の一言。
2012年12月15日   中央道上り線笹子トンネルの天井崩落事 故、不幸にも人災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。さて、NEXCOと国交省が下り線の点検を行ったところ、天井板の吊り金具を固定するア ンカーボルトの脱落2か所、ボルトの緩み608か所、腐食による断面欠損22か所、引っ張ると抜けてしまうボルトも見つかりました。
問題は2点。
1.脚気の検査のような軽い、申し訳程度の「打音検査」・・・打音検査の方法をきちんと指導しないと。そして、当たり前ですが、双眼鏡で一部のボルトだけ目視検査なんておバカな作業じゃなく、ちゃんとした定期検査をしっかりやらないと。
2.東名高速都夫良野トンネルなど多数のアンカーボルト欠落などの不具合が見つかっていますが、NEXCO側は「安全上の大きな問題はない」としていること。
30年以上前の日本坂トンネル火災での死亡者は7名。それを上回る9人の方が亡くなった大きな人災で、このコメントは無いだろう!
遠隔操作ウイルスの誤認逮捕で大阪府警などが「極めて遺憾」などとおバカなコメントをだしているのと大して変わらない・・・。僕ちゃん悪くないけど、良く なかったことは認めるよ!という「遺憾」の気持ちを言ってもいいけど、無能をさらけ出してるだけ。幼稚園や小学校で「謝罪」の仕方は習ってるはずなんだけど…。
NEXCOが言っているのは、大きな問題は無いけど小さい問題はあり、直ちに緊急修理は必要ないけど、来月はヤバイかも・・・安全ってそんな考え方で良いのだろうか?
昨日22日、人災事故で亡くなった9人のうちの5人が9億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決がありました。
横浜地裁は、中日本高速道路と子会社の2社に4億4千万円の賠償を命じ、裁判長は「事故は予測でき、より入念な点検を行う注意義務を怠った」としています。
すなわち、「人災」です。
随分前の2008年7月5日のCHa-Ki 的思考回路を読み返してみました。何故、それほど自信を持っていたのか・・・
中日本もNHKや東電と同様、利己主義なおバカなことをやっています。ある意味、これこそが事故の原因としても良いのかもしれません。
何でそんなに(間違っているのに)「自分たちが正しい!」と自信を持っているのだろうか?
NHKでは一過性のニュースではなく編集したVTRで「鳥が亡くなる」と断言し、アナウンサーは「登山」と「碁盤」が同じアクセントです。
2008年の思考回路も「登山」と「碁盤」も、根幹はいっしょです。
習慣的になされてきたことには、それなりの理由があり、もし、それを変更しようとしたら、それ相当の理由が必要なのです。
自分たちの勝手で覆そうとするから、おかしなことになってしまいます。
20年前に「左利きは頭が良い」などというおバカなガセネタに踊らされて今、半数近い子どもが左利きです。それを育てた親はさておき、「左利きが多いから蛇口は逆回しにしよう」という発想、狂ったNHKと何ら変わりません。
左利きがバカだと言っているのではなく、無理やり、もしくは周りに誘導されて左利きなわけで、実は、右利きとしてフツウに育てられたら、少なくとも左利きの今以上の仕事はできるでしょう、ということです。
わかりやすく書けば、人間は生物学的に本来99%右利きですから、陸上短距離でトラックを右回りにすることはないのです。医学的に。
どうも、こういう話には熱くなってしまう・・・話を元に戻しましょう。
ちいさなミスが大きな事故につながる・・・今回の事故はあらためて、そのことを肝に銘じなければならないでしょう。
自分勝手、自分だけの思い込みというワナにはまらないようにしなければ、千丈の堤も蟻の一穴。
大きな会社・組織だからと偉そうにしていると痛いしっぺ返しにあいます。
ついでに2005年12月21日の今週の一言も掘り出しておきました。
2005年12月21日   246号線、大和付近を走行中に標語を発見!「交通安全 若葉のころから紅葉まで」
はぁ〜?じゃあ、12月から4月までは交通安全じゃないの?と聞きたい。思いっきり深読みすれば、「初心者マークから枯葉マークまで」とも取れないこともないけど、「オイオイ」と言いたくなります。
昨夜の大雨でできた水溜りで釣りをしている奴を1日中見ていたけどやっぱり釣れなかった。「バカな釣り師がいる!」と笑っている奴が一番バカだという落語がありますが、作る奴もタコで、選ぶ奴はもっと「タコ」。どっちもどっちって言ってしまえばそれまでですが、国道に大書きするほどの句とはとっても思えません。
東名高速の由比で大事故が多い理由は、「国道一号線併走区間」(だったかな?)と大書きしてあることだと考えています。何の意味も無い (それも安全運転に支障をきたす)注意書きを読むために運転者の注意をそらす標識は事故を誘発する以外の何物ももたらさないと思います。
上記東名高速「由比」も中日本高速管轄です。
擁護する気は全くありませんが、数年前に通った時は「・・・併走区間」というおバカな看板は撤去されていました。
東電、NHK、中日本、そして、旭化成・・・どこまで続くのか?出口の無い迷路に入り込んだ日本なのか・・・自分も日本を迷走させている張本人の1人だということだけは肝に銘じておかなければなりません。
     to HOME