PageTOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2017_0128:タコなウイルス
タコがウイルスか?ウイルスがタコなのか?という話ではなく・・・。
何気にインターネットの検索をして、気になっていた滝を探し出して某大手新聞社のサイトを見ていると、有無を言わさず右のようなアホなウイルス画面が出てきて何もできなくなりました(笑)
尚、この時開いていたのは大手新聞社、地方自治体、google検索だけです。
アダルトサイトだからウイルス画面が出るのでは無いことがハッキリしました。「アダルトサイトを見ていると出てくる」というのは全くのまやかしであり、確率論だけなのかもしれません。
話を戻します。
赤い画面が出てくると、ある意味お約束通り、女性が訳わかんない英文を読み上げます。
画面の右下に03で始まる電話番号があります。

ウイルス屋の手法としては、
真っ赤な画面〜英語の読み上げ〜マウスが効かない、画面を閉じられない・・・
とユーザーの不安心理をあおって、
1.電話を掛けさせる
2.電話は海外に自動的に転送され、海外通話料金を請求
3.セミ日本語を話す中国人が出てきて修理代金8000円※を請求
4.その程度で恥をかかないならと振り込む
5.詐欺だとわかっていてもアダルトサイトを見ていたので被害届を出せない
6.万事めでたしめでたし
という思いっきり陳腐なストーリーが見えてきます。
  ※ウイルス城という小川ドラマなので修理の金額は勝手に決めました。
さて、この時の対処方法を覚書として記録しておきます。
ちなみに、実は、この時、ホームページビルダーを立ち上げていました。これは、閉じることができましたが、(画面の配置の関係かもしれませんが)保存できなかったので編集中のものは諦めるしかないかもしれません。
今回はたまたま保存した直後にネット検索に入った後のウイルスなので被害ゼロでした。
閉じるボタンが反応しにくい※ので、この赤い画面が出てきた状況からマウス操作で抜け出すのは難しいかもしれません。
連続技で閉じるボタンをクリックできれば何とかなるかもしれませんが、ここはイージーに
キーを押しながらキーを連打

で「終了」させます。(20回ほど連打してダメなら、F4キーを押し続ける。この程度の事でパソコンが壊れることはないから大丈夫。私はパソコンの電源を切る時にこのキーを使っています)
インターネット(ここではFireFoxを使っていました)画面が閉じると同時にWindowsの終了画面が出ます。
ここまでくればしめたもの「シャットダウン(電源を切る)」で一度パソコンをOffにします。
深呼吸してから電源を入れて、インターネット(FireFox)を開くと全く同じ画面が出てきます。
一瞬、いや〜な予感もしましたが、既に「FireFoxを閉じることができない、電源を切れない」という不安要素は去っているので、落ち着いて
Altキー+F4キー
で画面を閉じて、再びFireFoxを開けばもう赤いウイルスは去っています。
いちおう、ディスククリーンアップでインターネット関連をクリーンアップしました。
私はFireFox、Googleなどのブラウザは全て閉じると同時にクリーンアップする設定にしています。
 ※ディスククリーンアップは「Windows管理ツール」の中にあります。
失敗したなぁと思うのは、画面キャプチャを動画にしてしまい、文字がつぶれてしまったこと。
静止画キャプチャにしておけばよかった・・・は後の祭りでした。
そういう訳で、もう一度出て欲しいのですが・・・残念。
※ボタンが反応しにくい
怪しくない普通のサイトでも、「戻る」ボタンを一定時間禁止してサイトに留まらせるようなプチウイルスサイトもありますが、その延長にこのウイルスがあるような気がします。
やはり、ユーザーライクなサイトかそうでないかは、ホームページを作るほうも、見るほうも考えるべき問題なのかもしれませんね。
ユニバーサルデザインが最も遅れているのがインターネットです。
同時に「心のユニバーサルデザイン」も考えていきたいものです。
     to HOME