PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2017_0214:IME漢字変換、おバカな学習を修復
日本語変換の学習機能がわざわいして、かえっておかしな変換になってしまい、いっそ学習機能が無くなってしまったほうがかえって打ち込みやすいかも!と思うことがあります。
とりあえず、おバカな学習頭をクリアして「ゼロから学ばせる」方法の備忘録です。
    ※画面キャプチャーした画像の灰色部分はデスクトップの色です。デスクトップを背景画や好みの色にしている方も多いと思います。ご考慮の上、ご覧いただければと思います。
まず、一番下のタスクバーの「A」または「あ」を右クリックします。
※上左図のポップアップが表示されない(右図のように×印など)ときは、デスクトップの何もないところでクリックしてからもう一度右クリックします。それでも出ない時はnotepadやwordなど文字入力をするアプリを立ち上げてください。
IME系のポップアップの中の
「追加辞書サービス」
にマウスを持っていく(クリックをしてもだいじょうぶです)と、新たにポップアップが出てきますので、下側の
「辞書の設定(S)」
をクリックします。
Microsoft IME の詳細設定ウインドウが出ます。
個人的には「狂ったIMEの矯正」という考え方なので、下記の赤囲いの「バカの消去」全てを次々に、何も考えずにクリックしていきます(笑)。
なお、消去等で小さな親切余計なお世話として「ホントにイイの?」と聞いてきますので、イイに決まってるだろう!とYESボタンをクリックします。
上記ウインドウで一つ一つ潰していって、良いところで切り上げるのも手です。
個人的には、各項目の「保存する」「学習する」「使用する」のラジオボタンチェックも外したいところですが、それでまたおかしなことになるのも時間の無駄なので、とりあえず、全て消去してしばらく様子を見ることにします。
なお、最後の
「辞書の修復 IME の辞書を修復します」
ボタンは通常、何も問題が無いはずですが、いちおう、修復しておきます。
     to HOME