PAGE TOP

能動ドットコム > 番組制作まめ知識 > トランジション

トランジションとデュレーション                2000年更新

再生機2台と録画機を使った編集(ABロール編集)

左図、P1からA-2、P2のB-1の画をO.L.(オーバーラップ=ディゾルブ=DISS : 通常、オーエル、ディゾる、などと言います。)する場合。

Effect:効果。O.L.、ワイプ、ページターンなど
Transition :効果を効かせている時間。例えばワイプが始まってから終わるまでの時間。
Duration :Recorder に記録される時間。

各IN/OUTとTrans、Dur.があるが、トランジションと1つ以上の各IN/OUTデータを含む5つのデータを入力すれば他の3データは編集機が計算してくれます。

B-1のDur.>Transition
となることに注意。B-1がEffect無しで見られる時間はB-1のDur.マイナスTrans.となります。最小はDur.=Trans.(連続O.L.など)となります。

番組制作まめ知識へ戻る

to HOME