PageTOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2017_0118:ウイルスメール application/octet-stream
名称不明(application/octet-stream)
メールが無いと生きていけない?
もはや、ペーパーレス時代。

先週の「今週の一言」で「今どきFAXも無いものだ」と書いたので嫌がらせかっ?
と書きたくなるような話です。
[備品発注依頼書]
が届きました。
日本語的に微妙におかしいし、お約束の危なっかしい添付ファイルもあります。

ファイル名も
名称不明(application/octet-stream)
という、意味不明の名前です。

ちなみに、[依頼書]以外にも[注文書]や[写真が違っています]など一見「あれっ?」と思ってしまう文面もあります。
思わず座布団あげたくなってしまいます。
そもそもapplicationという名称はコンピューターの用語としては、exeファイル、すなわちプログラム。
octという[8]というのも、バイナリーが8でバイトみたいなアヤシイ文字です。
そんなこと知らなくても冷静に考えれば

1.こちらの名前が書いていない
2.差出人の名前が書いていない
3.何の印鑑かどこへ持参するのか?日本語としておかしい
4.なんだか分からない添付ファイルがくっついている

という点だけでも超が付くアヤシイ危険なメールです。
もちろん、私がこの添付ファイル[名称不明(application/octet-stream)]をダブルクリックしていれば、のん気にこんなこと書いている状況ではありません。

インターネット・コンピューター業界もちゃんと「ウイルスの危険があります」くらい警告してくれないといけないような気もします。

せめて、「プログラムファイル/画像や文書などのファイルではありません」と日本語で書くくらいの親切心がないのでしょうか?

もし、この差出人が国税局や区役所だったり、佐藤や鈴木など誰でも思い当たる名前だったら「ついつい、開いて・・・」となりかねません。
このところ、「知らないメールは開けちゃダメ」というおまじないも揺らいでしまうようなウイルスメールが良く届きます。

しばらくなりをひそめていたコンピューターウイルスが流行するのかもしれませんね。

これから流行期を迎えるインフルエンザとともに気をつけねば。
CHa-Ki 的思考回路       映像制作の能動ドットコム