PageTOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2017_0524:EDIUS 8によるトライポフォビア(Trypophobia)
トライポフォビア・・・「いきなり何を言い出すんだ?」
という話であることは重々承知です・・・
私事です。
幼少の時分から「これって病気?」とは思いながら、妹も全く同じなので「まっ、そういうこともあるよね」くらいに考えていました。

4Kの検証をするために、EDIUS 8を使うことになりました。
起動時に「うっ・・・」
そして、エクスプローラーの表示で寒気がして鳥肌が立ち気分が悪くなりました。

これって、やっぱり「病気」だよね?と思わざるを得ない・・・
トライポフォビアというそうです。
上記リンクがわかりやすいかな?(私は二度と見ませんが・・・)
この「病気」のことがわかります。
考えただけでも鳥肌が立ちますので、書きたくないどころか思い出したくもないのですが・・・同じ思いの人もいらっしゃるでしょうから、回避方法を書いておきます。
  ※自己責任でお願いいたします。必ず一番下の※ご注意をお読みください
EDIUS 8をインストールすると、デスクトップにアイコンが出てきます。
実は、この右上の点々が「けっこうヤバい」状況です。
起動画面の右の点々もかなりヤバいです。
ここは、目をつぶって待てば大丈夫!
  ※個人的にデスクトップは濃いグレーに変更しています。
まあ、このくらいのことは我慢するか、とも思いましたが・・・
エクスプローラーのアイコンで鳥肌最高潮に達し、背中がゾクゾクします。
右の大きさでもかなりヤバい状況で、これがたくさん並ぶので状況的にはかなり悲惨です。
某小河ドラマで構図が悪くて気持ち悪いのとは次元が違うおぞましさです。
  ※これを書きながらも、なるべく右の図を見ないようにしています(笑)。
気持ち悪い!って書くだけじゃ何ですから、回避方法を書いておきます。
先ず、デスクトップのプログラムショートカットは、通常通り、
右クリック〜プロパティ〜ショートカットタブの下方の「アイコンの変更」
で変更できます。
もし、アイコンが出てこない場合は、「このファイル内のアイコンを検索」の白いボックスに
%SystemRoot%\System32\shell32.dll
を入れ(コピペでOK)ていただくか、
参照ボタンから
C:〜Windows〜System32
の中の
Shell32.dll
をクリックしていただければ出てきます。
ここから好きなアイコンを選べばOKです。

私は、気に入ったものが無く「家庭用ビデオカメラ」を選択です。
次にエクスプローラーのアイコンの変更です。
これがチョットややこしい。
いろいろ変更してパソコンが壊れれば本末転倒なので、ソフト頼みです。
Vectorの無料ソフトにしてみます。
ファイルの種類に関連づけられたアイコンを変更 Ver.1.0.11.6
  ※私はVer.1にしましたが、今はVer.2もあるようです。
アイコン変更アプリをインストールして、関連するアイコンを変更していきます。
まず、変更したいアイコンをクリック〜アイコンの変更ボタンをクリックします。
ここは素直に、EDIUS 8に付属のアイコンを選択します。
他のアイコンは全てトライポフォビア対策ができていないので、唯一使える2段目の2番目のグレーのアイコンを選択します。

良く使うプロジェクトファイル(.ezp)などは確実に変更しておき、あまり使わないファイルや通常別フォルダーに入っていて、そのフォルダーを開けることが無ければ必要最小限の変更でも良いかもしれません。
もちろん、ここで、上記プログラムと同様に全く別のアイコンを使っても良いのかもしれませんが、私は特にこだわらないので、なんだかわからないグレーのアイコンにしました。
ちなみに、表示を変更したファイル拡張子は、
ebd,ecl,epj,ese,ese2,ewc,ewc2,ews,ezb,ezp,ezpt,tpd,tpi
です。
尚、etlだけは別のアイコン群から選択できるので、普通のTマークに変更します。
Windows 10になってから、動画の再生で「けつまづく」ことも多く、VLCプレーヤーを使っている方もいらっしゃるかと思います。
上記方法で「何で?」という、おかしなオレンジコーンからアイコンを変更できますのでお試しください。
※ご注意
ずっと背筋がぞっとして書くのがホントに辛かった・・・二度と見たくない、夢に出そうなので、今後、このトライポフォビア関連の話等はしないことにします。
質問もお受けできませんので、上記変更は自己責任でお願いいたします。
CHa-Ki 的思考回路       映像制作の能動ドットコム