能動ドットコム > 講座案内 > 音声収録セミナー
おかげさまで30周年
音を徹底追及!
「音声収録の実際」
わかりにくい「音」に的を絞ってじっくり徹底的に追及します。
特性、ハンドリング、ノイズの管理まで実戦で役立つ1日講座。
数字的数学的なことより、実践を学びます。どちらかというと、座学より「実際に聞いて体感する」ことを重視した講座です。
ピンマイク等
対象 不安や疑問なく音声収録したい方
これから音声関連機器を購入検討中の方
講義内容 音声概論
   音の基本(音収録、音編集の概要)
   マイクとミキサーの基本(物理的な特性を知る)
音声機器のオペレーション
       ※オペレーション:ここでは「原理原則を知った上での使用方法」とします
 1.マイクオペレーション
   (1)カメラノイズの役割
   (2)ガンマイクの指向性(ON/OFFを実際に聞く)
   (3)ピンマイクの指向性と方向と距離
   (4)インタビューマイクの活用(堅牢、外的ノイズ、電源)
      ※特性を知った上で同時に聞き比べる
 2.ミキサーオペレーション
   (1)ミキサー、ポータブルミキサーのオペレーション
   (2)低価格ミキサーの使いこなしのコツ、注意点
   (3)ヘッドマージンとリミッターとコンプレッサー
   (4)ファンタムの能力限界
ノイズコントロール
 1.マイク、ミキサー固有のノイズ
  (1)音声関連の機器のノイズは価格で決まる?
  (2)性能=価格か? 業界標準となっている理由?
      ※実際にノイズを聞いてみる
 2.様々な外的要因によるノイズ
  (1)ワイヤレスマイクに入り込む要因
     @混信
     A外来ノイズ・・・選挙と高層ビル
     B性能によるもの・・・価格帯と周波数帯
  (2)音声ケーブルのシールドによるもの
     @なぜキャノン(XLR)が使われるか?ざっくり考える
     Aシールドを通過して混入する信じられない偽信号
     Bピンマイクのケーブルには細心の注意が必要
     Cひも付きを過信しない!
  (3)オペレーションノイズ
     @ケーブルノイズを体感
     A機器固有の音を体感
  (4)様々な外的要因
     @風
     Aポップ
     B様々な室内ノイズ
機器の選択
  これから音声機器をそろえる時に間違えないポイント
開催日時 10:00〜16:00
※時間通り終わらない場合があります。
※途中退席できますが、その場合の送迎はありません。
受講料 10,000円(当日現金でお願いいたします)
定員 7名(最少催行人数2名)
お申込み
お問合せ
問合せる 」から受講日をご記入の上、メールしてください。
※携帯メール、フリーメールは届かない事があります。3日後までに返信が無い時は別の方法で再送してください。
締切 10日前の正午。もしくは満席になり次第締切りです。
教室 横浜市旭区 森田メソッド

※9:30(JR「保土ヶ谷駅」西口より送迎有)
※駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください
※遠方から泊まりがけで来られる方はお知らせください。新横浜駅送迎可能です。

SENNHEISER MKE 600 PROTECH FS-40X SONY C-48
使用機器:SONY C48、ECM-77、WRR-810/820、SENNHEISER MKE2、MKE 600、SHURE SM63L、PROTECH FS-40X、その他、風防、ブーム、8chマルチケーブルなど。

2017年 スケジュール
12月2日 (土曜) 12月14日 (木曜)
このページの上へ
問合せる 能動ドットコムへ

森田メソッド 講座情報へ

映像制作の能動ドットコム