PageTOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
2019年5月1日:令和の「わ」にアクセントを置く人は音痴
平成天皇が退位して皇太子が新天皇になり、元号が平成から「令和」になりました。
この1週間程度はテレビから流れるクレッシェンド令和」の連呼にへきえきです。

そして、令和の「わ」にアクセントを置く、ケツアクセント=クレッシェンド言葉、すなわち、半クエスチョンもどきのいかに多いことか。
なぜ、これが直らないのか?
その答えがここのタイトルです。
 
中学の時の英語の先生の持論、
「音痴な人は英語が下手」
これが、半世紀近く私の頭の中で「反すう」されています。
   ちなみに「はんすう」のアクセントを
   「す」にすれば半数、すなわち、1/2という数学的な話
   「う」になるクレッシェンド言葉にすれば、反すう(反芻)、牛のアレです
   このことから、繰り返し考えることを反すうとも言います。
   だから、文字ではなく、耳で聞いたときに
   ・・・頭の中で半数されています。
   とか
   ・・・反すうの人たちが賛成です。
   となってしまうのを避けるために、アクセントはとても大切です。

   掲題に戻します。
オンチかどうかというのは、ある意味、心情論的なものです。
そうすると、この思考回路自体、科学的信ぴょう性が失われかねないので、このオンチ話には長い間「鍵」をかけておきました。
 
先日、ある著名な俳優と音楽家の会話で「演技に合わせる音楽」がありました。
ここで、
演出家は「尺に、雰囲気に合わせろ」
音楽家は「それは音楽的におかしい」
という理論です。※詳細は省略

分かっていた気になっていましたが、後ろから思いっきりぶん殴られた気がしました。

そうか!
 
オンチというのは、ある意味生まれつきのもので、治しようがないわけで、そうすると、「半数と反すう」を言い分けられないのは、医学的にどうしようもない。

考えてみれば、全員が正しい音程を取れるわけではなく、音痴な人もたくさんいらっしゃるわけで、「わ」にアクセントを置くことが許されないという結論ではなく、
「オンチなアナウンサーでかわいそうだね」
と思わなければならないのだ!

上記の「音楽的におかしい」は「日本語的におかしい」とか「構図的におかしい」と同類語であり、ある意味、

オンチな人に対する差別ではないか!

正論を言うことが差別になりかねないではないか!

と思う令和初日です。
 
平成天皇の最後の2分ほどのお言葉は、推敲されたきれいな文章、美しい発音で、久しぶりに気持ち良い日本語を聞いた気がします。

てやんで、べらぼうめ的な低俗な日本語をしゃべってんじゃねぇよ!と再び、ぶん殴られた気がします。
少しは見習わないと、とせめて今日だけでも思いたい・・・
 
CHa-Ki 的思考回路       映像制作の能動ドットコム