PAGE TOP

能動ドットコム > CHa-Ki的思考回路 > 思考回路
CHa-Ki 的思考回路
20041107:血迷うたか!
「血迷うたか!」という声を背に受けて「大人のピアノレッスン」に通い始めてしまった。
家から5分もかからないところにヤマハショップがあり、ず〜っと狙いをつけていた。
若くて、やさしいインストラクターちゃんに密室でマンツーマンで教えてもらっているのぢゃ!「ふ〜〜ん、そうやって鼻の下のばしてるんだ・・・」と言いやがる会社の女の子のさげすんだ目にも、「どこにそんな時間があるの?」「その前に電子レンジ買ったら?」というご親切なアドバイスにも全くめげないジジイであった・・・。
25年ほど前だったろうか・・・映画「スティング」の主題歌「エンターテイナー」が弾きたくて、当時10万円もしたキーボードを買い込んで何日かレッスンに通い、何とか人に聞かせても許容範囲ギリギリのところまでいっていた(と本人だけ思っている)。
しかし、左手はコードを弾くだけ。つまらない・・・そのうち飽きてしまい、キーボードから楽譜から何から全て愛娘のオモチャになってしまった。
最近、思いがよみがえり、酔っ払ったイキオイで安物電子ピアノ(幅140cm・・・ね、寝る場所が・・・)を購入、遠くアメリカからスティングのサウンドトラック版楽譜も取り寄せて、「やるぞ〜〜!」とオタケビを上げたものの、レッスンに通いだしてから自分の浅はかさに愕然、キーボードでは超簡単な入門曲「ミスターロンリー」が2週間経っても全く弾けない。何たって、左手用の五線譜の「ド」の位置も知らないのだから、さもあらん。オマケにキーボードのクセが残っていてコード(キーボードとピアノのコードの位置が違うなんて・・・)までがどこかへ吹っ飛んでしまう・・・んんんん〜〜〜〜。
指はつりそうになるし、けんしょう炎にもなりそう・・・。
あえて自動伴奏の無い機種を選んだのが敗因か・・・。
ウラメシヤ〜、動かない左手・・・。これじゃ、ジムノペディや悲愴は夢のまた夢、情けなや。 
<来年につづく>
一昨日、46歳の誕生日。
カメラマンの左手はフォーカス・ズーム・絞りをコントロールしなければなりません。
しかし、40歳を過ぎるとアル中も加わり、ドンドン加速度がついて指が動かなくなります。
左手訓練(復活)用に選んだのがピアノ。
もう一度30代のカメラワークを・・・年を取るほど努力が必要になる、因果な商売です。
CHa-Ki 的思考回路       映像制作の能動ドットコム