PAGE TOP

能動ドットコム > 番組制作まめ知識 > カメラワーク
カメラワークの3要素                          2000年更新
ポジション・アングル・サイズをカメラワークの3要素と言う。

High position
1 ポジション 被写体
高さ(Fig-1)
Eye level
ハイポジ ロングショットに活用、広大、広がり、人垣越しなど。
目高(めだか) 通常のポジション。被写体の目の高さであることに注意。
ロウポジ 変わった視点。子供の目線など。
Low position
水平角度 Fig-1
前方 訴え、強い、単調、平板。
横方 やや立体感、やや無関心。
後方 拒絶感、別れ、終わり。
斜め 立体的。
距離 カメラワークの基本は被写体にできるだけ近づくこと。
アングル(Fig-2)
High
被写体
俯瞰(ふかん) 卑小感、哀れ、弱い。

水平
基本、安易。深い意味を持たない。


Horizontal
ローアングル・あおり 大きさの強調、威圧、尊大、恐怖感

Important 通常はアイレベル・水平。それ以外の画には意味が生じる。当然のことながら、その意味を説明できなければならない。例えば、彼は勝利者なのでローアングルで撮影。
Low
3 サイズ Fig-2
Black : Long shot Blue : Medium shot Red : Up shot
Fig-3
Fig-4
FS;フルショット・ロングショット:全体の位置関係、説明、始まりと終わり
FF;フルフィギュア:全身、動き、日本舞踊、バレエ
KS;ニーショット:FFとほぼ同じ。両手を広げて画面いっぱいになるようなショット。
WS;ウエストショット:ニュース、話し手の基本的ショット。テロップを入れ易い。
BS;バストショット:WSと同じ(ニュースアナウンサーのバストショットとして「アナバス」などという。
US;アップショット:表情、盛り上げ。(SS;ショルダーショットの言い方も)顔全体が見えるショット。
CU;クローズアップ:UPの強調。頭(髪の毛)が切れる程度。
BCU;ビッグクローズアップ:クローズアップの強調
ディテイルショット:一部分の拡大ショット
※中間は、例えばタイトなWS(TWS)、ルーズなBS(LBS)など。ただし、足首で切るショットはNG。
人数によるショット
Fig-5

___ GS: グループショット (4人以上) ____ 3S : スリーショット
____ 2S : ツーショット ____ 1S : ワンショット

呼び方としてはずばりジーエス・さんエス・にエス・いちエスまたはワンエス。


番組制作まめ知識へ戻る

to HOME